セノッピーには副作用がある?【成分はこちら!】

セノッピーは小さなお子様の成長をサポートしてくれるサプリメントということで話題となっていますが、含まれている成分に副作用などはないのでしょうか。

セノッピーは育ち盛りのお子様に使うので副作用がある成分などが本当に無いのか気になりますよね。そこで、今回はセノッピーの成分を徹底検証し副作用などがないかチェックしてみましたので参考にして下さいね。

どんな悩みに効くの?

セノッピーの副作用を心配する前にどのようなお子様に効果が見られるのかチェックしておきたいと思います。

小さなお子様を持つママさんの悩みに多いのが、子供の成長が非常に気になる、そして、身長がなかなか伸びないと言った事が多いようです。

その他には偏食が多かったり、風邪を引きやすいという事、そして学校の勉強についていけてないとか、集中力がないのが気になる事が多いようです。

セノッピーはこれらの悩みをまとめて解決してくれることもあって小さなお子様を持つママさんたちから絶大な人気を誇っているのです。 最近ではあの人気タレント森三中の大島さんも実際に自分のお子様に使って効果を感じているコメントなどを発しているので余計に注目されているようですね。

含まれている成分は安全?

セノッピーは多くのママさんの悩みを解決してくれるのですが、気になるのはやはり副作用などは無いのかという事ですよね。そこで、セノッピーに含まれる成分について徹底チェックをしていきますので参考にして下さいね。

セノッピーに含まれる成分の主なものはアルギニン、ボーンペップ、カルシウム、シールド乳酸菌です。これらについてチェックをしてみましょう。

まずはアルギニンですが、この成分は成長ホルモンの分泌を促す働きや免疫力アップの効果を発揮してくれます。ただし、この成分は過剰に摂取した場合には胃が荒れたり、腹痛、下痢と言った副作用があるとのことです。なおアルギニンの過剰摂取とは20g以上なので一粒3g以下のセノッピーを規定を守って使っている限りはあり得ないと言っていいようです。

そして、次の成分としてボーンペップなのですが、これは骨の成長をサポートする成分でカルシウムと一緒に摂取することで骨密度、骨強度を高める効果があります。卵由来の成分なので副作用の心配はありません。しかし、卵アレルギーのお子様はちょっと注意をした方がいいかも知れませんね。

次のカルシウムは多くの食材に入っているのであまり心配はいらない成分です。ただしこちらも過剰摂取については便秘や高カルシウム血症という症状がでる可能性があるようです。しかし、現代は余程の過剰摂取がない限りカルシウム不足となっているので問題は無いと考えて大丈夫です。

最後のシールド乳酸菌は森永乳業オリジナルの乳酸菌で小さなお子様を菌などから守ってくれます。これまでに副作用などの報告も無いので問題無しとみていいと思います。

その他の成分は?

セノッピーの主成分については過剰摂取をしないようにしていれば全く副作用の心配は無いと言って良さそうです。その他にもいろいろな成分が含まれているのでチェックをしておきましょう。

セノッピーに含まれているその他の成分は、オメガ3、DHA、鉄、タンパク質、葉酸、ラクトフェリン、ビタミンE、大麦若葉、納豆、リンゴ、ケール、レンコン、トマト、セロリ、ブロッコリー、白菜、人参、モロヘイヤ、キャベツ、蜂蜜、アスパラガス、チンゲン菜、サツマイモ、野沢菜、桑の葉、ほうれん草、南瓜、苦瓜、よもぎ、パセリとなっています。

この含まれている成分を見る限りは日頃食べている食材が中心で副作用があるものは含まれていません。ただし、注意しておくべきこととしては食品によるアレルギーを持っているお子様は注意が必要です。

もしも、大豆や卵、乳製品、ゼラチンなどに対するアレルギーを持っているお子様の場合には一度かかりつけのお医者さんに相談した上で使用するようにして下さいね。

また、風邪をひいていたり、その他の病気などで薬を服用している場合にも薬の成分と相性が悪いケースもあるのでくれぐれも注意をするようにして下さい。

セノッピーの公式サイト↓

https://sodatu.shop/

タイトルとURLをコピーしました